撥水加工の威力

画像


納車以来、雨が降ってワイパーを動かすと、水がにじんで残ってしまい逆に見にくくなってしまう現象が起こりました。

しばらくは様子を見ていたのですが、今年は雪がよく降るせいでワイパーの出動回数も多め。
毎回、怖い思いをするのも嫌なので、対策をすることにしました。

最初は安くあげるべく、「油膜ガラコ」系のシート状油膜取りで試してみたけれどまったく効果なし。
今度はコンパウンドで研磨するタイプのを買って試してみたけれど、塗り方にどうしてもムラができてしまってうまくいきません。
屋外保管というのもいけませんね、この季節だとすぐに霜がついてしまいますから…

で結局、散々手を出した挙げ句にむしろ以前よりも悪い状態になっちゃったんじゃないか?と思いつつ、やっぱりプロの技術に頼ることにしました。

だったら最初からそうしろよ、というのはなしですよ(笑)
自分でやるというのの限界を知っただけでももうけものなんですから。

いつも手洗い洗車をお願いしているENEOSのGS。
そこのピットメニューにある、「快洗隊」というのにしてみました。
フロント、サイド、リアガラス全面の油膜取り+フッ素撥水加工で11000円。
一度施工すれば約二年から三年はもつらしいです。屋外保管で毎日高速通勤していても、まあ一年ちょっとは大丈夫でしょう。

今回は、店員さんのサービスで、サイドミラーの撥水加工もしてくれて一万円でやってくれました。

……で、結果は?



もう、最高!!
実は今まで一度も撥水加工というものをしたことはなかったんですが、本当に軽い雨ならワイパー要らなくなりますね。
ある程度加速すると、コロコロした水玉がファーっと上に転がっていく様子は、はじめて見たとき「おおーっ!」って独り言を言ってしまったほど(笑)

妻用のクルマ(Fiat500)にも撥水加工しようかなぁ…!?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック