惜しいっ!?

画像


昨日C6でランチに出かけて運転中、ふとメーターを見るとゾロ目??
惜しい・・・。

走行距離、22212kmになってました
中古並行のこの車、16000kmとちょっとで我が家に来たので
もう6000kmも乗った計算になります。
ちょうど2ヶ月で6000km=3000km/月の走行距離。
年間だと、36000km。

もうこの生活も4年目(丸3年)になりますが、改めて考えると
毎日良く走っているなあとつくづく感じます。

でもC6のおかげで、運転の疲れはほぼ皆無になりました♪
だからまた、よく遠出しちゃうんだけどね~(笑)





画像

世界一せまい?ガレージ自慢

シトロエンネタではないですが・・・・

YouTubeにて、ある爺さんが「我が家の狭小ガレージ」自慢を
している動画を見つけました。



じいさんの車は、旧Fiatパンダ。
まっすぐな鉄板を張り合わせて作ったようなデザインの車なので
見切りはいいし幅も狭い。
こんな狭い車庫に入れるなら、車買うときこれしか候補がなかった
んだろうなって思うほどサイズはぴったり。
あと、ここの車庫に入れる候補を挙げるとしたらメッサーシュミット位か。


日本もその昔、”ウサギ小屋”といって揶揄されたものですけれど、
このじいさんの家はそれ以上だ。
ドイツ語らしき字幕が読めないので、何と言っているのかは
分からないけれど、それでもきっと車好きの彼のことだ。
たいしたことは言っていないに違いない。
「俺んちスゴいだろう?」ってね。

「サイドは3cmずつしか残らないんだよ」と言うおじいさんの顔は
むしろ目一杯自慢しているように見える。
「やっぱり俺んちスゴイだろう?」
顔も心なしか上気しているようでもある。

でも個人的には本当に一番びっくりしたのは、実はその狭さよりも
玄関の入り方。
ドアを開けるだけじゃあ入れないから車を少ぅ~し下げちゃうとこなんぞ
芸術の域に達していますね。
これぞまさに「ザ・キング・オブ・ドア・ツー・ドア」だ。

これってサイドブレーキ引いてる気配がないけど、もう一度ドアを
あけたら、車がなくなっている(=せっかく入れた車は道路に飛び出し
ちゃってる)
な~んてことは、このじいさんに限って・・・・あるわけないよね?

ブルートゥースでハンズフリー

画像





僕の携帯にかかってくる電話はそれほど多くないんですけど、
いつも決まって運転中にかかってきます。
それも家路に急ぐ高速運転中に限ってよくかかってくる。
自分の携帯にはイヤホンマイクとかそういう通話機能のものは
付けたことがないので、運転中にかかってきた場合は
基本的に無視(笑)。
昔は車に乗るたびに真面目に「ドライブモード」に設定したりも
していたのですが、忘れっぽい僕は車を降りても
「ドライブモード」を切り忘れてしまうので、逆に迷惑をかけてしまうことも。

だって、いつ何時かけても「ただいま、運転中につき・・・」のアナウンスが
流れるわけですからね。かけた相手にとって見れば、
「おいおい、いつまで運転してんだよ!
」ということになっちゃうわけです。

いつまでもこんなことじゃあいけない、と思い、C6にはハンズフリーキットを
装着することにしました。
電話がかかってくるたびに耳にかけるタイプは面倒で嫌なので、
スピーカーフォンとして動作するモデルを探してみました。
せっかくのC6のインテリアを壊してしまってもいけないので、
あまりゴテゴテとしていないのが良いですけど、格好良くても
通話品質としてあるレベルにまで達していなければ買いたくない。
ハウリングがうるさかったり、声を拾いにくかったりでは逆に運転に集中
できなくなりますから。

ということで、一ヶ月あまり探してみてたどり着いたものは、これでした。

logitec ハンズフリーカーキット LBT-HF110C2 です。
http://www.pro.logitec.co.jp/pro/g/gLBT-HF110C2/

黒の鏡面仕上げにマットなシルバーの縁取りで高級感があります。
筐体が薄型の割にはスピーカーの品質も良好で、ホルダー部分の
取り外しがきくので、ホルダーを両面テープではりつけても移動させることも
可能です。
ボタン一つで再ダイヤルもでき、また、電話をかけたい人の名前を言えば
ブルートゥースでつながった携帯の電話帳からみつけて発信してくれる機能まで!!
ビックリ!

それだけでもすごいと思うのに、このLBT-HF110C2、
内蔵のリチウムイオン電池にソーラー充電までできてしまうんです。
機器の裏面にソーラーパネルがついているので、フロントガラスの裏に
貼っておけばケーブルに煩わされることもなくクリアな会話が楽しめるというわけ。
ダッシュボード上に貼ったときよりもフロントガラス下に貼ったほうが
通話品質が良かったので、こちらにつけることにしました。

「人に聞かれたくない会話はできない(=同乗者に聞かれてしまう)」
というのがハンズフリースピーカーフォンの欠点ですが、基本的に一人で
運転していますし一番電話がかかってくるのが妻なので(笑)、今のところは
問題なし♪
家族サービスの意味も兼ねて重宝しています☆





画像

ドライブレコーダー Paparazzi-ace PZ-95

画像


前の記事で、最近いかにマナー違反の運転者が多いかについて
書きましたが、いくらこちらが注意していても交通事故は相手もあることなので
いつか事故に遭遇してしまうかもしれません。
マナー違反だったり運転経験の浅い(もしくは運転に自信のない)ドライバーに
限って、いざ事故になると「お前が前を見ていないからだ」だのと因縁をつけてくる
恐れもあります。

ということで、”転ばぬ先の杖”とばかりにドライブレコーダーを我がC6にも
導入することにしました。
Venturecraft社製の常時録画型ドライブレコーダー、「Paparazzi-ace PZ-95」です。
http://www.paparazzi.jp/

値段は3万円程度といささか高い気もしますが、事故を起こしてから揉めて
嫌な思いをする位なら確実な「目撃者」として置いておくのも悪くありません。
巷に出回っているレコーダーの多くは、衝撃を感知したときだけ
前後20秒間を自動録画、というタイプのものが多いと聞きますが、これだと
事故った後でファイルを見てみたら録画されていなかった(=センサーが反応しなかった)
ということになりかねません。
常時録画のPZ-95なら、走行中エンジンがかかっている間はずっと録画され続けて
いますので、録画ミスを防げます。
画像は8GのSDカード(同梱)に記録するのですが、まず容量は十分だし、
衝撃や急ハンドル等、Gの急激な変化にセンサーが反応時は自動的に保存フォルダーが
変わる(EVENTフォルダに切り替わる)ので、上書きされて消えてしまうこともなくなります。
そういった意味ではユーザーのニーズを良く考えられた製品だと思います。



画像
画像



ここの会社のHPでは、感度調整用のソフトのダウンロードもできる
ようですし、ユーザー登録すれば誰でも見ることのできる
「動画投稿広場」なるものまであります。
http://www.paparazzi.jp/movie/index.cgi?mode=moviedetail&moviekey=6nwl0uluuVah2mcPmbHnrXD6ml1jXWGb
タイトルは「名古屋走り」(笑)

ちなみに僕が投稿したものではありませんので、あしからず。

これを見て、みんなが喧々諤々とコメントできる点も面白いですね。
毎日見て楽しむような画像でもないですし、この動画が必要な状況に
なってほしくはないですが、”もしものときの保険”と思えば3万円も高く
ないと思います。



皆さん、名古屋は交通マナーが悪いとの評判がありますが、
こんな輩ばかりじゃありません、大丈夫です。
ただ、ウインカーを付けずに曲がったり車線を変えたりする車が
多いのは事実。
僕は決してそんなことはしませんがね。
皆さんも、自分の面倒は自分で見ましょう。
自衛策がイチバン!?ですよっ。

マナー違反の運転者に渇!!

久しぶりの更新になってしまいました。


今日はあまりに腹の立つ運転者に出会いましたので、写真なしでお送りします(苦笑)。
いつからのことだかは分からないのですが、最近すごく感じることがあります。
それは、「運転マナーが悪い人が多くなった」ということ。

マナーが悪いというべきなのか、ミラーを見ていないというべきなのか
とにかく明らかに変な動きをしていたり、危険なまでのスロースピードで
走っていたりとバラエティーは千差万別。
毎日一般道~高速を運転しているので、それこそ例を挙げたらきりがないですが、
たとえば・・・、

①道路の一番左に寄って右折のウインカーを出して止まっている車。

②右折の矢印信号で曲がってすぐのところのお店に入ろうと止まる車。
 (当然、直行する道路も信号は赤なので青になるまで動くはずもなく、
 ということは、僕とその後ろの車は完全に交差点内で立ち往生する羽目に・・・・)

③まっすぐな道の途中で、信号もないのに直前の車が急停止。
 どうしたのか?と思っているとこれまた急にバックしてきました(!) どうやら
 入りたいお店を過ぎてしまったらしく戻ろうとしていたらしい。

いずれの場合も極めて悪質な運転と言わざるを得ませんので、
五感に訴える形で適切に合図をして
(具体的には、ライト点灯+クラクション鳴らし続ける)今の状況を相手に
教えることに成功。
でもいずれの場合もあとちょっとだけこちらの判断が遅れれば事故に
つながっていたと思います。いや~、コワイコワイ・・・・。
ちなみに、今日の朝不幸にも遭遇したのは、最後の③の事例です。

最近「ミラーをちゃんと見てんのか?」と思うような運転者が本当に
多いと思いませんか?
こないだなんて、変な運転だなーと思ってドアミラー部分を見てみたら、
しっかりと畳んだままになっているではないですか!!
そういうヤツはきっとルームミラーもあまり見ていないのでしょうし、
そもそも自分の車の周りの状況に注意を払いながら運転するという
基本中の基本からして忘れてしまっているのでしょう。
ここまでくると、運転免許は取り上げてしまって再教育(再講習)しても
良い位じゃないんでしょうか?
道路上のルールを無視して走っていますから。
厳密に言えば、道路交通法に違反しています。

そんな輩に限って、いざ事故になってみると
「お前が前をちゃんと見ていないからだ」だの「こっちはちゃんとウインカーを出していた」
だのとイチャモンを付けてくるであろうことは用意に想像ができます。
実際に、そういう事例を僕の両親は以前経験していますからね。
まったく困ったものだ。

高速1000円制や高速無料化自体が悪いわけではないと思いますが、
それによって今まで高速に乗らなかった(乗れなかった)一部の人たちが
たいした勉強もなく流れ込んでくることで、従来は比較的スムーズに
流れていた「高速道路」という閉鎖空間の流れを明らかに乱している。
そんなことでは渋滞するのは当然ですし、事故も増えるでしょう。
流通が妨げられれば、経済活動にも当然影響があることでしょう。

民主党の方々は、本当に必要なことは何なのかをもうそろそろ気付いてほしい。
そう、思います。